【LINEの情報漏洩】日本政府はLINEを排除せよ

ついにバレたLINEの情報漏洩 日本国民8600万人以上が利用するLINEで、国内最大級の情報漏洩が起きていることが発覚しました。LINEの情報漏洩のリスクは以前から指摘されたので「やはり」という印象です。 LINE8600万人利用 社会インフラの情報流出リスクに懸念の声 https://t.co/5yJIyL3emg […]

Pickup 政治

従軍慰安婦は売春婦【ハーバード大学のラムザイヤー教授の論文】

慰安婦問題とハーバード大学のラムザイヤー教授の論文 米ハーバード大のJ・マーク・ラムザイヤー教授が、いわゆる「従軍慰安婦」が公娼制度の下で契約を交わし収入を得ていた「売春婦」だったという学術論文「Contracting for sex in the Pacific War」が、3月刊行予定の学術誌「インターナショナル・ […]

【立憲民主党 原口一博】処理水のデマを世界に流す売国議員

立憲民主党 原口一博が処理水デマを英語でツイート 立憲民主党所属の衆議院議員・立憲民主党副代表の原口一博が、4月14日に福島原発の処理水放出について、放射能の害があるような表現で英語でツイートするという、もはや日本に反逆するような行為を行いました。 これは明らかにデマであるとともに、世界に対して福島の風評被害を増幅する […]

【福島の処理水】カンタンに安全性を理解できる7枚の絵

日本政府が福島原発の処理水の海洋放出を決定 東京電力福島第1原発で増え続ける処理水の処分に関し、政府は4月13日、関係閣僚会議を首相官邸で開き、海洋放出の方針を正式決定しました。 いま賛否の声とさまざまな情報が交錯している状況ですが、これはそもそも福島の原発の廃炉に向けたロードマップにおいて必要な工程であり、むしろ良い […]

【NHKは日本の敵】福島原発「放射能汚染水」というデマを世界に流す

NHKが過去最大級の誤報「放射能汚染水」デマを世界に流す NHKの海外向け放送 NHK World News が、2021年4月9日にツイッターで、福島原発の処理水の海洋放出を「放射能汚染水 radioactive water」とする大誤報を世界に発信してしまい炎上しています。これはもはやデマを世界に流したといっても過 […]

【NHKは日本の敵】DHC 吉田嘉明 会長の声明文 全文

「NHKは日本の敵」DHC 吉田嘉明 会長の声 化粧品、サプリメントなどの製造販売メーカー DHC の吉田嘉明会長が、サイト上に掲載したメッセージをNHK「おはよう日本」が報じたことに反応して、吉田会長が「NHKは日本の敵です。不要です。つぶしましょう」などとする声明をサイト上に公開し波紋を呼んでいます。 【DHC「差 […]

【日本の教育を破壊する】日教組を日本の政治から排除せよ

日教組とは 日教組(日本教職員組合)は全国の教員・学校職員による労働組合風の「反日団体」です。 もともとは戦後・連合国軍占領下の日本において、GHQが日本を悪者にするために「自虐史観」を日本の子どもたちに植え付けることを目的としてつくった、いわば洗脳のための組織です。設立は1947年で、その後、1951年に「教え子を戦 […]

【立憲民主党】元教員の市議、いじめ放置の過去が明らかに

元教員で日教組系の北九州市議 小宮けい子氏 小宮けい子氏は、2021年1月31日に投票された北九州市議会議員選挙に当選した市議会議員です(北九州市門司区・立憲民主党公認 社会民主党推薦)。九州女子大学卒業後に、教員として就職し門司区小学校6校に37年間勤務した後、北九州市教職員組合執行委員長を務めています。つまり、日教 […]

【二枚舌?】ヴァレンティノの釈明はウソだらけ

着物を踏みにじりヴァレンティノが炎上 前回の記事で取り上げたヴァレンティノの炎上は、日本のテレビなどでも取り上げられて、かなり話題となりました。 しかしながら、この炎上に対するヴァレンティノの対応は極めてお粗末としかいいようがありません。 なぜなら、 ヴァレンティノは日本人だけに限定した言い訳のメッセージをだして、世界 […]

【帯踏みにじりCM】ヴァレンティノは日本文化を破壊するな

ヴァレンティノの帯踏みにじりCMが炎上 3月28日にWeb上で公開されたヴァレンティノのCMが炎上して現在も鎮火していません。このCMにモデルとして起用されたのは、木村拓哉さん・工藤静香さんの娘のKokiさん。そのCMがどのようなものか、ツイッター上に残っている動画をご覧ください。 問題とされる動画(炎上後、公式サイト […]

【慰安婦】朝日新聞・植村隆による捏造が最終確定

植村隆氏の敗訴が確定=朝日新聞の捏造が最終確定 いわゆる慰安婦問題について、東京地裁が元朝日新聞記者の植村隆氏が「意図的に事実と異なる記事を書いた(捏造)」と認定し、高裁もこの判断を追認し、 最高裁が植村氏側の上告を退ける決定をしました。これにより、朝日新聞と植村隆氏による慰安婦の記事が「捏造であった」ことが最終的かつ […]

1 8

人気記事トップ5

最新記事