政治

1/6ページ

【東京五輪】池江璃花子さんを左翼の心なき中傷から守ろう

池江璃花子さんに浴びせられる中傷 テレビやネットメディアなどでも多数報じられていますが、競泳女子の池江璃花子さんに対して五輪代表の辞退を求めたり、競技や五輪とは直接関係のない中傷が浴びせられる事態になっています。 【池江発信 記者感じた匿名の圧力】https://t.co/hh4cmwzDai 競泳女子の池江璃花子が7 […]

【憲法フォーラム】憲法改正ぐずぐずしている暇は一瞬もない

憲法改正をめざす「憲法フォーラム」からのキーメッセージ 憲法改正を目指す「美しい日本の憲法をつくる国民の会」(櫻井よしこ共同代表)は5月3日「憲法フォーラム」をオンラインで開催しました。菅総理もビデオメッセージで参加し、自民党の下村博文政調会長や河野克俊前統合幕僚長らが講演しました。 憲法改正をめざす杉並自然保守として […]

【教科書を取り戻す】「従軍慰安婦」表現は不適切と閣議決定

「従軍慰安婦」「強制連行」「強制労働」は不適切表現 日本政府は4月27日、慰安婦問題に関して「従軍慰安婦」との表現は適切でなく、単に「慰安婦」という用語を用いるのが適切だと閣議決定しました。また、朝鮮半島からの戦時労働者について「強制連行」「強制労働」という表現が不適切だとする見解をだしました。いずれも日本維新の会の馬 […]

【まとめ】慰安婦問題を打破するラムザイヤー論文イベント

「ラムザイヤー論文をめぐる国際歴史論争」シンポジウム 2021年4月24日、東京 永田町の星稜会館にて「ラムザイヤー論文をめぐる国際歴史論争」シンポジウムが開催されました。西岡力教授や有馬哲夫教授など日本を代表する慰安婦問題の保守論客が一同に集まり、ラムザイヤー教授からもビデオメッセージが送られるなど、画期的、かつ、後 […]

【ウイグル人問題】中国によるジェノサイドの実態

中国共産党によるウイグル人へのジェノサイド ウイグル人へのジェノサイドの問題について、ネットを中心にしばしば話題になるようになりましたが、いまだに日本政府としては意思表明せず、メディアもこれを伝えない状況が続いています。一方、アメリカのブリンケン国務長官は記者会見で、ウイグル人に対する中国政府の行為についていわゆる「ジ […]

【北朝鮮の手先】社会民主党を根絶せよ

社会民主党・全国連合常任幹事の伊是名夏子氏が炎上 コラムニストで社会民主党(社民党)・全国連合常任幹事の伊是名夏子氏が炎上しています。 本記事は伊是名氏については特に書きませんが、「社民党」に所属しているということで、あらためて、社民党の反社会性と反日団体ぶりを再確認していきたいと思います。 伊是名氏の一連の出来事につ […]

【立憲民主党 原口一博】処理水のデマを世界に流す売国議員

立憲民主党 原口一博が処理水デマを英語でツイート 立憲民主党所属の衆議院議員・立憲民主党副代表の原口一博が、4月14日に福島原発の処理水放出について、放射能の害があるような表現で英語でツイートするという、もはや日本に反逆するような行為を行いました。 これは明らかにデマであるとともに、世界に対して福島の風評被害を増幅する […]

【福島の処理水】カンタンに安全性を理解できる7枚の絵

日本政府が福島原発の処理水の海洋放出を決定 東京電力福島第1原発で増え続ける処理水の処分に関し、政府は4月13日、関係閣僚会議を首相官邸で開き、海洋放出の方針を正式決定しました。 いま賛否の声とさまざまな情報が交錯している状況ですが、これはそもそも福島の原発の廃炉に向けたロードマップにおいて必要な工程であり、むしろ良い […]

【日本の教育を破壊する】日教組を日本の政治から排除せよ

日教組とは 日教組(日本教職員組合)は全国の教員・学校職員による労働組合風の「反日団体」です。 もともとは戦後・連合国軍占領下の日本において、GHQが日本を悪者にするために「自虐史観」を日本の子どもたちに植え付けることを目的としてつくった、いわば洗脳のための組織です。設立は1947年で、その後、1951年に「教え子を戦 […]

【立憲民主党】元教員の市議、いじめ放置の過去が明らかに

元教員で日教組系の北九州市議 小宮けい子氏 小宮けい子氏は、2021年1月31日に投票された北九州市議会議員選挙に当選した市議会議員です(北九州市門司区・立憲民主党公認 社会民主党推薦)。九州女子大学卒業後に、教員として就職し門司区小学校6校に37年間勤務した後、北九州市教職員組合執行委員長を務めています。つまり、日教 […]

1 6