【バイデン政権】シリアの爆撃を開始。それは米民主党の伝統芸。

【バイデン政権】シリアの爆撃を開始。それは米民主党の伝統芸。

【バイデン政権】シリアの爆撃を開始

バイデン米大統領は2月25日、イランの支援を受けた武装勢力がひそむシリア東部の施設への空爆を指示した。

米国防総省によれば、2月半ばにイラク北部で米軍駐留拠点の周辺がロケット弾攻撃を受けたことへの報復だという。

バイデンが空爆に踏み切った背景には、核合意をめぐるイランとの駆け引きがある。

 

空爆は米民主党の伝統芸

それは東京大空襲という悪夢で証明された

1945年の「東京大空襲」という殺戮行為があったことは歴史的な事実です。
アメリカ軍が、およそ30万発の爆弾を東京に投下して、およそ10万人の日本人が犠牲になりました。この殺戮行為を主導したのが米民主党です。その後、米軍は究極の空爆ともいうべき原爆投下を行うことになりますが、当時の米大統領トルーマンの言葉に彼らの考え方がよく表れているといえるでしょう。

 

この記事を良いと思った方は左下の「いいね」👍ボタンを押してください!

4+

政治カテゴリの最新記事