【何が行われていたのか】女性国際戦犯法廷

【何が行われていたのか】女性国際戦犯法廷

「女性国際戦犯法廷」の動画

当ブログで何度かとりあげてきた「女性国際戦犯法廷」について、貴重な動画がDailymotionのサイトに残っていましたので、2000年(東京)および2001年(オランダ 最終判決)の当時に何が行われていたのかわかるように字幕の文字起こしをしました。

なお、女性国際戦犯法廷は「裁判ごっこ・茶番劇」であるため、発言者については「~役」としています。この文字起こしによって、約20分の動画を見る時間を短縮することと理解が深まることを目的としています。

慰安婦役の発言

【朴永心 慰安婦役】

1938年3月でした 日本の巡査が軍服に帯剣を持ち 洋服店に現れました
「いい金儲けの口があるが行かないか」と言われ 平壌に連れていかれました

(「連行の足跡」というスライド)

慰安所の経営者が「若春」と名付けました ラジオには2年ほどいました
これが私です 連合軍の捕虜になった時 妊娠していました

(検事役 今ビデオ証言をした朴永心さんが この場においでです)
(朴永心 起立し礼 会場 拍手)
(「ラジオの慰安所」というスライド)
(「若春の本名は朴永心」というスライド)

*自称元慰安婦 朴永心の発言についてはネット上で疑問点・矛盾点が指摘されています。

【検事役】

以上により朴永心が最前線のビルマで性奴隷の生活を強要され その責任が
当時ビルマ方面軍第56師団長であった 被告・松山佑三にあることは明らかです

【ロザリン・ソウ 慰安婦役】

朝3時に 緑の幌のトラックが来て 目隠しをされて中に押し込まれました
朝20人 昼20人 夜20人
一日に60人の兵士を相手にしました

元日本兵の発言

【鈴木良雄(元日本兵)】

(東澤靖 検事役の 強かんを目撃、あるいは関わったことがあるか?という質問に対して)
軍隊では、戦場で強かんはつきものでした
日常茶飯事というくらいでした、といった発言

【金子安次(元日本兵)】

(東澤靖 検事役の 強かんを目撃、あるいは関わったことがあるか?という質問に対して)
なぜ私たちが強かんしたかというと、それらの国の人たちをどっちみち殺すのだから、という気持ちを持って強かんした、といった発言

* 金子安次の発言についてはネット上で疑問点・矛盾点が指摘されています。

*鈴木良雄と金子安次は、中国からの帰還者で組織された中国帰還者連絡会(中帰連)の会員として活動している人物です。

専門家証人役の発言

【専門家証人役 林博史(日本軍の構造)】

日本軍の占領地域のほぼすべてにわたって慰安所が設置されていました、といった発言

(「慰安所の展開図」というスライド)
(「海南島慰安所に関する公文書」というスライド)
(「臺拓関係海南島渡渡航人名表」というスライド)台湾拓殖株式会社

* 林博史の主張についてはネット上で疑問点が指摘されています。

【専門家証人役 吉見義明(「慰安婦」制度)】

飯沼参謀長の日記で、慰安所をつくるように、という指示がきたので準備にとりかかった、という内容で朝香宮が司令官だった、その上官は松井石根 大将だった、といった発言

(「飯沼守の日記」というスライド)

(南京陥落の前の時点で 日本軍が 慰安婦の設置を依頼したのは何故かという質問に対して)
多くの強かん事件があり、そのような状態をなくしていくという動きが背景があった、という発言

シナ渡航婦女に関する内務省警保局の資料によれば、中国南部を占領した直後に 第21軍は、
慰安所を大規模に作ろうとして400名の慰安婦を集めて欲しいと要求、慰安所を作るのは安藤利吉 中将のもとで行われたが、その上官は天皇以外には考えられない、といった発言

(「内務省警保局」の文書とされる画像のスライド)

* 吉見義明の主張についてはネット上で疑問点が指摘されています。

検事役の発言

【セラーズ首席検事役】

皆さんは圧倒されておられると思います 提出された証拠に 証人たちの声に
私の心臓もいま 激しく打っています
私の信じるところでは 公的関与 日本政府や軍の関与がありました
ではどのような関与だったのでしょう 私はむしろ大半の被告人について
より複雑な論証が必要だったらいいのに と思うくらいです でもそれは不要です
公文書を見れば あまりにも明らかだからです
実行犯がおり 制度や仕組みを作った人 政策や方針を決めた人たちがいました
方針があったとして 私達がいま 言おうとしているのは
日本全体でたった一人だけ このことを 知らなかった人間が最高司令官なのか?
なぜ彼に隠すのでしょう
彼は知っていた 或いは知るべきであった と私は確信しています
天皇ヒロヒトは慰安所への道について 様々な自己弁護を行うでしょう
しかしそれらはすべて奴隷制へ 強かんへと至ります
法律家としての知恵は必ず到達するでしょう 有罪の宣言へと

首席検事からの最終論告です
ドルゴボル首席検事 どうぞ

【ドルゴボル首席検事役】

日本軍性奴隷のサバイバーたちがこの数日間 ここで見せてくれた
勇気ある行動に 敬意を払わずにはいられません
日本政府の臆病な大度は 女性たちの勇気と比べると対照的です
日本政府は過去の残虐行為を誠実かつ公的に認める意思の強さを
いまだかつて見せていません
専門家証人 元兵士たちの証言 そして文書証拠が示すように
性奴隷制は戦争行為の一部として 日本軍上層部によって導入されました
つまりこれは日本政府の政策であり 全ての行為は日本政府の責任なのです
この法廷がジェンダーに配慮し ジェンダー分析を援用することが重要です
またレイシズム理論は不可欠であり これも援用するよう主張します
日本政府は軍性奴隷制に 関わる全ての行為に責任があり
被害者が納得できる保証を行う義務がある という判決でなくてはなりません

裁判官役の発言

【マクドナルド裁判長役】

90年代初頭 アジアの女性たちは 50年にわたる苦痛に満ちた沈黙を破り
1930-1940年代のアジア太平戦争時に被った 日本軍の制度れ氏の暴虐に対し
謝罪と賠償を求める声を挙げ始めました
性奴隷にされた女性たちの証言は
それがまさに人道に対する罪である という認定と一致します
女性たちの奪取 移送 強かん 奴隷化 のしくみは広範囲で組織的でした
結論として 天皇は知っていた 知るべきであった と認定します
南京で行われた性暴力についても 慰安所が設置・運営されていたことも
天皇は自己の義務を果たさず したがって個人として刑事責任があります
1937年から終戦時までに行われた 日本軍の強かんと性奴隷で
起訴された全ての行為に責任があります

【チンキン裁判官役】

天皇ヒロヒト個人の刑事責任に加えて
日本国家は 起訴された加害行為 全てに 国際法上の責任があります
講和条約締結時 女性は男性と同等の 発言権も地位も持っていませんでした
そのため軍性奴隷制と強かんの問題は 何の対応もなく放置され
交渉中でも条約の中でも 一切取り上げられていません
国際的な平和交渉が ジェンダー認識を欠くこと自体
武力紛争下での女性に対する戦時犯罪の 府処罰の文化を助長するものです
したがって性奴隷制の被害者個人は 日本政府に損害賠償を求める権利があります

【マクドナルド裁判長役】

今日 本法廷は 天皇ヒロヒトを有罪と認定しました

(会場 拍手)

日本政府は「慰安婦」などの性暴力犯罪に 国家責任があります
これから勧告を述べます 判決の最後の部分です
日本政府は以下の責任を果たすよう勧告します
慰安婦に謝罪し赦しを求めること 法的責任を認め 再発防止を保証すること

【アルヒバイ裁判官役】

必要なあらゆる措置をとり 賠償など 被害回復のため最大限努力すること

【ムトゥンガ裁判官役】

法廷はさらに元連合国に勧告します 慰安所の設置・運営に関する記録と
東京裁判で天皇が訴追されたかった理由を 即座に公開すること

最終判決まで一時閉廷します

参考資料

この記事を良いと思った方は左下の「いいね」👍ボタンを押してください!

5+

政治カテゴリの最新記事