【NHKは日本の敵】福島原発「放射能汚染水」というデマを世界に流す

【NHKは日本の敵】福島原発「放射能汚染水」というデマを世界に流す

NHKが過去最大級の誤報「放射能汚染水」デマを世界に流す

NHKの海外向け放送 NHK World News が、2021年4月9日にツイッターで、福島原発の処理水の海洋放出を「放射能汚染水 radioactive water」とする大誤報を世界に発信してしまい炎上しています。これはもはやデマを世界に流したといっても過言ではありません。

批判が殺到したためか、NHKは上記のツイートを削除し、「今後はtreated water」とすると釈明しています。

しかし、NHKの謝罪はありません。

海洋放出する水を「放射能汚染水 radioactive water」と、誤った表現にすることで、発生する福島への風評被害と日本への風評被害は甚大であるにも関わらず、知らんぷりをしているのが現在のNHKです。これではDHC会長から「NHKは日本の敵」だといわれるのは当然です。

福島原発が海洋放出する水はIAEAによって問題がないことが裏付けられている「処理水」であり、これを「放射能汚染水 radioactive water」としては情報発信するのは大きな誤報です。原発の処理水の海洋放出は他国でも行っていることであり、日本だけが非難される理由はどこにもありません。
しかも福島原発の処理水は他国より厳しい基準をクリアして高い安全性を実現しています。

しかしながら、NHKだけでなく朝日新聞や毎日新聞などの反日メディアは、これをしばしば「汚染水」といった誤解を招く表現でミスリードし、海洋放出に対して批判的な論調をつくる工作をしています。

昨年からradioactive waterの汚名工作は脈々と行われていた

上述の産経の記事では、削除された4月9日のツイートだけを取り上げて終始していますが、実はNHKは昨年2020年から、脈々と福島の処理水を「放射能汚染水 radioactive water」として世界に発信し続けてきたのです。

これらのNHKのツイートを起点として、海外の反日ツイッターアカウントから、さまざまな誹謗中傷と日本および福島へのヘイト発言が続いています。

また、これに「乗っかる」カタチで韓国が海洋放出に抗議声明をだしてきています。

これは、慰安婦の捏造記事を海外に発信して、日本に甚大な被害をもたらした朝日新聞の工作と同様の、NHKによる反日工作です。

日本人なら、この反日放送局NHKによる大誤報による工作を決して許してはなりません。

朝ドラで善人面しながら福島の風評被害を煽る悪魔の所業

上述のように反日メディアとしてNHKは、福島の風評被害を煽ってきました。
特に、NHKを許せないのは、この「放射能汚染水 radioactive water」の工作をしていた2020年10月は、NHK連続テレビ小説「エール」を放送していた時期であり、福島に対して善人面しながら、陰では福島に対してネガティブな風評をつくる工作を世界レベルで行っていたことです。

作品名の「エール」は「応援」の意で、東日本大震災から10年の節目を目前に「福島を応援したい」との思いを込めて企画され、福島出身の主人公を模索する中で福島の偉人であり多くの応援歌を作った作曲家の古関裕而に着目した。

このように、善人のような見えるようなウソをつきながら、同じ時期に福島に対して風評被害を煽る「放射能汚染水 radioactive water」という汚名を着せる工作をNHKは展開していたのです。

NHKが反日工作の拠点になっていることは明確であり、近年ますますエスカレートしています。

NHKには、このような反日工作をする人物が多数潜んでいます。
その代表が 今理織 氏です。本記事は 今理織 氏を取り上げるものではありませんので、割愛しますが、このような偏った共産党系の思想を持つ人物に番組制作の強い権限を与えているNHKは、報道機関としての中立性を全く無視しています。

NHKは謝罪せよ。日本政府は統一見解を提示せよ。

まずNHKは、一連の「放射能汚染水 radioactive water」という言葉を使った情報発信について、まずは福島の方々に、そして日本人に対して誠実に謝罪をする必要があります。
(現在2021年4月12日時点においてNHKの謝罪はありません)

特に、風評被害に苦しんでいる福島の方々に、そして日本人全体に謝罪し、この誤報で発生した被害についてはNHKが金銭的に保障し、この情報発信に関わったスタッフを全員解雇すべきです。

一方で、日本政府と与党 自民党の情報発信にも問題があり、もしも福島原発の海洋放出を実現したいのであれば、少なくとも以下の5点を日本国民および海外に周知する必要があります。
・福島原発の処理水とはどのようなものか
・福島の処理水の安全性
・他国の状況
・処理水の海洋放出は他国でも行われている標準的な行為であること
・今後、福島原発の問題を収束させていくかというロードマップ

今回の一連の問題の直接的な加害者は明らかにNHKですが、これを防止するために、原発処理水の安全性についての情報発信を怠っている日本政府と与党 自民党の問題も大きいと言わざるを得ません。また、処理水の海洋放出を行うのなら、福島の海産物の安全性と美味しさをアピールする一大キャンペーンを行う必要があります。

参考情報

この記事を良いと思った方は左下の「いいね」👍ボタンを押してください!

11+

マスコミカテゴリの最新記事